質問をいただきました

Posted at 08/02/06

ある方から、こんな質問をいただきました。
質問内容、回答内容ともに、趣旨を要約して書いてます。


人気のある売れてる商品は、みんなが自分のショップで売るでしょ?
そうしたら、10万人以上も会員がいる、もしもドロップシッピング
では、同じ商品を売ってるショップがものすごく多くなっちゃうけど、
大丈夫なのかしら???

その回答が、こちらです。

確かに、おっしゃる通りですね。

ただ、これは「もしもドロップシッピング」のようなサービスプロバイダー
経由でのドロップシッピングでは、避けて通れない問題でもあります。

では、どうしたら良いのでしょうか。

他のショップとの違い=『差別化』が必要になるかと思います。
『差別化』と言うと難しく感じるかもしれませんが、

例えば、
商品の見せ方の工夫、実際に商品を購入しての体験談、商品のクチコミや
使用用途の提案(こんな使い方もあるんですよ!とか)などなど、
他のショップと『差別化』を行う方法は、たくさんあると思います。

同じ商品を売っている他のショップではなく、お客様が
あなたのショップで『買う理由』
この理由こそが、『差別化』なのだと思います。

確かに、もしも提供の写真や商品説明を並べただけのショップで
あれば、他のショップとの競合になるかと思います。

でも、お客様があなたのショップで『買う理由』を
全面に押し出したショップ作りを行うのなら、

もう、何も恐れることなく、胸を張り戦って行けるでしょう!

お客様があなたのショップで『買う理由』
思いっきり考えてみて下さいね!


以上のように回答しました。


同じ商品を取り扱っているショップが数多くある中で、
では、『自分のショップはどのように他と差別化するか?』
この戦略こそが、実はもしもドロップシッピングで成功するために
最も必要な考えではないかと思っています。


ところで。
回答の中にある
『もう、何も恐れることなく、胸を張り戦って行けるでしょう!』 
ですが、お気づきの方は・・・多分いないとは思いますが
そうです!『何も恐れず、胸を張り戦え!』です。
う~ん、あまりにもレアでマニアック(笑)

もしもドロップシッピングの参加はこちらから

スポンサードリンク